HOME>トピックス>センスを磨きながら、他者に訴えかける作品を作る

服飾系専門学校で学ぶ

スタイリストになるためには、この道を行けば必ずなれるというものもなく、公的な資格があるものではないです。しかし、服飾系専門学校で技術を身に着けてセンスを磨き、卒業後はスタイリストのアシスタンからスタートさせるというキャリアが一般的とされています。特に、服飾専門学校ではスタイリストのアシスタントの求人募集が多数寄せられるため、そこからキャリアをはじめるという方法が確立されています。常に新しいトレンドを追い、世の中の変化に敏感であるためには、学生のうちからアンテナを張り巡らせ、感性を磨くという地道な努力を欠かすことができないのがスタイリストの道です。

センスを磨きノウハウを身につける

ブランドをプロデュースする能力はスタイリストには必要不可欠です。そのノウハウを一からしっかりと基礎を学べるのが、服飾専門学校で学ぶ最大のメリットです。もちろん、センスがあれば学歴は関係ない実力社会です。

求められるプレゼン能力

プレゼン能力、そして作品でアピールする能力が求められるのがスタイリストです。自分はあくまでも裏方に徹し、モデルやディスプレイをいかに人目を引きつけるかを考えながら、オリジナリティーのある発想力が求められます。

広告募集中